iOS7のSafariが持つ誤タップ防止機能が、オーバーレイ広告を殺す?

オーバーレイ広告

スマホでサイトを見ている時に下に出てくるオーバーレイ広告。スクロールしている間にうっかりタップしてしまう位置にあり、クリック率が自然と高くなることからあちこちのサイトで導入されています(このブログでは私が大嫌いなので導入していません)。

しかし、iPhoneユーザーが増えていくに従ってオーバーレイ広告はゆるやかに死を迎え、消えるかもしれません。なぜなら、iOS7のSafariはオーバーレイ広告を意識したような作りになっているからです。

スポンサードリンク

iOS7のSafariが持つ誤タップ防止(?)機能

誤タップ防止機能

例えばこんな感じで、いかにもな感じで下にへばりついた広告(赤枠部分)が出てきているとしましょう。

iOS7のSafariでこれをわざとタップしようとすると…

 

誤タップ防止機能2

なんと広告はタップされず、このようにメニューバーが下からニュッと現れる仕組みになっています。
※もう一度広告をタップするとリンク先に飛びます。

今までiPhoneでブラウジングをしていた時、何度か「ん?なんでこのタイミングでメニューバー出てくるんだ?」と疑問を持つことがあったのですが、下端をタップすると出るようになっていたんですね。

iPhoneがオーバーレイ広告を駆逐する?

こんな感じで、狙っているのかどうかは不明ですがiOS7のSafariはオーバーレイ広告の誤タップを防ぐようになっています。なので、iOS7搭載端末を使っているユーザーのクリック率は間違いなく低いでしょう。日本はiPhone天国なので、すでに収益に影響が出ているメディアは多いのではないでしょうか。

個人的に、オーバーレイ広告は読み込みスピードは落ちるし、動きが気になって記事に集中できないので、早く廃れて欲しいと考えています。無料アプリとかだったら他に収益を得る手段が少ないので仕方がないなと思いますが、ブログとかは違う位置に広告を貼れるところはいくらでもあるわけで。この誤タップ防止機能の実装をきっかけに、オーバーレイ広告について考え直す人が増えたらいいなと。

残念ながらAndroidのChromeにはこの手の誤タップ防止機能がないのですが、早く実装してほしいですね。

関連記事

SEO 【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

いまさらなことほど新鮮に見えるということなので、これから地味にSEO講座を書いていこうと思います。このブログを読んでいる方の中には、少なからずウェブで副業を目論んでいる人がいると思いますので。 今回のテーマは「W3C準拠でソースコードを書く必要はあるのか?」について。結論か...

ウェブメディア運営のコツ

【2013年版】Google Analyticsで新しいアカウントを追加する方法

アクセス解析といえば、と聞かれるとまず間違いなく最初に名前が挙がる「Google Analytics」。機能も随時追加されており、無料のアクセス解析の中では間違いなくナンバーワンの性能を誇ります。 しかし、使っていて結構忘れがちになってしまうのが新規サイトの追加方法。サイト...

HTML・CSS講座

floatで並べたliタグ内の項目を中央寄せ(センタリング)する方法

フッターのメニューやページャなど、リンクを並べている箇所は通常liタグでコーディングすると思います。pタグとかで適当に並べてもいいのですが、SEOの関係で今はほぼ全てのサイトでliタグが採用されているはずです。 ただ、困るのがメニューを中央寄せにしたい時。単純にfl...

ウェブメディア運営のコツ

ちょっとした革命?会員登録なしでGetty Imagesの写真が無料で埋め込みできるようになったので早速試してみた

マスメディアをはじめとしたプロ向けに写真を提供してきたGetty Images(ゲッティ・イメージズ)が写真の埋め込み機能の提供をはじめました。サイズが変更できないことやコピーライトの表記必須といったの制約はあるものの、今まで高いライセンス料を払わないと使えなかった写真が...

ウェブメディア運営のコツ

【WordPress】関連記事を手動入力するようになったら平均PV数が上昇した

4月くらいからこのブログの「合わせて読みたい」を手動入力に変更しまして、そこからブログがSEO的にもUI的にもかなりいい方向に進化しています。 今までこのブログの関連記事はzenbackやプラグインを使うなど色々と実験してきたのですが、なかなか合わせて読んでほしい記...