サイドバーに固定表示しても良いクリック型広告3選

気づいたらサイドバー固定がNGとなっていたGoogle Adsense。これで結構利益が減ったサイト運営者は多いのではないかと思います。

Google Adsenseではなく、サイドバーに固定表示できるクリック型広告はないだろうか?と調べてみると、日本が提供しているクリック型広告で、個人レベルで契約できるものが3つありました。掲載する広告をどうしよう、と頭を抱えていた方はぜひご参考ください。

忍者Admax

忍者admax

Google Adsense以外のクリック型広告でおそらく一番認知度が高いと思われる忍者Admax。

Google Adsenseと比較するとクリック単価は10分の1近くなのですが、アダルトサイトでも問題なく設置できることと、ある程度アクセス数の多いサイトだとアクセスに応じて収益が発生するので、PV数が多いサイトを運営されている方にとってはクリックが無くても収益が入ってくることがメリットです。

「アダルト広告を掲載する」にしてしまうと結構な割合でアダルトな広告が出てしまうので、まともなサイトを運営される際にはチェックを外しておいた方がいいかもしれません。

i-mobile

i-mobile

スマホ向け広告だと思われていますが、PC版も結構調子がいいi-mobile。忍者Admaxと違ってPVに応じた報酬はないのですが、クリック単価はちょっと高め。

i-mobileはスマホ版もPC版も良質な広告が多いためクリック率が高いので、忍者Admaxの調子が悪ければこちらに一度切り替えて見るのもアリかもしれません。

nend

nend

まだ歴史は浅いですが、A8.netが母体のため勢いがあるnend。クリック単価はだいたいi-mobileと同じくらいで、スマホ向けの広告が主体となっています。

ただ、まだユーザーの嗜好に合わせた広告の出し方にムラがあるようで、クリック率が日によって結構ばらつきがあります。掲載する際にはこれ1つに絞らずi-mobileと併用してどちらがいいかを判断する必要がありそうです。

というわけで、調べてみたら結構あったクリック型広告。記事本体にはGoogle Adsenseを掲載し、追尾型は上記3社のうちどれか、というスタイルがこれからの主体になってきそうです。

関連記事

HTML・CSS講座

floatで並べたliタグ内の項目を中央寄せ(センタリング)する方法

フッターのメニューやページャなど、リンクを並べている箇所は通常liタグでコーディングすると思います。pタグとかで適当に並べてもいいのですが、SEOの関係で今はほぼ全てのサイトでliタグが採用されているはずです。 ただ、困るのがメニューを中央寄せにしたい時。単純にfl...

Google活用術

Google Adsenseの新広告ユニット「モバイル アンカー広告」はメディア運営者もユーザーも得をする

まだまだ発展途上のモバイル広告。大きさはどれくらいが良いか、どこに掲載すればタップ率が上がるか…日々試行錯誤が繰り返されています。 今のところ掲載側の立場で最も支持されているのが追尾型の広告。そうです、あの一番下に常に出てくるうざったい広告のことです。誤タップによって収益が...

ウェブメディア運営のコツ

20個以上のメディア運営に関わって気づいた、結果が出るオウンドメディアを作るための5ステップ

私はこのブログを始めてから20個以上のオウンドメディア立ち上げ→軌道に乗せるまでのコンサルを行ってきました。うまくいったものもあれば撤退してしまったものもありますが、9割近くが「成功」と呼べる成果をあげています。 結果を出すと紹介、問い合わせも増え、最近は「うちもオ...

ウェブメディア運営のコツ

【2013年度】効果の高いPing送信先21選

SEOの効果はあまり期待できなくなりましたが、インデックス促進のためには必須となっているPing送信先の設定。 毎年送信先候補は減っている感じですが、このブログで設定している、生き残っているPing送信先を21個掲載します。この他にも「こんなところあるよ!」というのがありま...

ウェブメディア運営のコツ

BuzzFeedみたいなバイラルメディアは日本のほうがうまく作れるんじゃないか疑惑

バイラルメディアという単語が生まれるきっかけとなったBuzzFeedをここのところ毎日のように眺めています。ゴシップにおちゃらけた記事、そしてその中にイラクの空爆についての記事が交じっていて、なるほどこれはバイラルされるなぁと感心しながら読んでいます。 日本で言えば...