サイドバーに固定表示しても良いクリック型広告3選

気づいたらサイドバー固定がNGとなっていたGoogle Adsense。これで結構利益が減ったサイト運営者は多いのではないかと思います。

Google Adsenseではなく、サイドバーに固定表示できるクリック型広告はないだろうか?と調べてみると、日本が提供しているクリック型広告で、個人レベルで契約できるものが3つありました。掲載する広告をどうしよう、と頭を抱えていた方はぜひご参考ください。

忍者Admax

忍者admax

Google Adsense以外のクリック型広告でおそらく一番認知度が高いと思われる忍者Admax。

Google Adsenseと比較するとクリック単価は10分の1近くなのですが、アダルトサイトでも問題なく設置できることと、ある程度アクセス数の多いサイトだとアクセスに応じて収益が発生するので、PV数が多いサイトを運営されている方にとってはクリックが無くても収益が入ってくることがメリットです。

「アダルト広告を掲載する」にしてしまうと結構な割合でアダルトな広告が出てしまうので、まともなサイトを運営される際にはチェックを外しておいた方がいいかもしれません。

i-mobile

i-mobile

スマホ向け広告だと思われていますが、PC版も結構調子がいいi-mobile。忍者Admaxと違ってPVに応じた報酬はないのですが、クリック単価はちょっと高め。

i-mobileはスマホ版もPC版も良質な広告が多いためクリック率が高いので、忍者Admaxの調子が悪ければこちらに一度切り替えて見るのもアリかもしれません。

nend

nend

まだ歴史は浅いですが、A8.netが母体のため勢いがあるnend。クリック単価はだいたいi-mobileと同じくらいで、スマホ向けの広告が主体となっています。

ただ、まだユーザーの嗜好に合わせた広告の出し方にムラがあるようで、クリック率が日によって結構ばらつきがあります。掲載する際にはこれ1つに絞らずi-mobileと併用してどちらがいいかを判断する必要がありそうです。

というわけで、調べてみたら結構あったクリック型広告。記事本体にはGoogle Adsenseを掲載し、追尾型は上記3社のうちどれか、というスタイルがこれからの主体になってきそうです。

関連記事

ウェブメディア運営のコツ

Yahoo!からの検索流入を狙ってNAVERまとめを作る方法

賛否両論はあれど、PVを稼げば広告がクリックされなくても、アフィリエイトリンクを踏んで何かを買ってもらわなくてもお金がもらえるということで人気のNAVERまとめ。検索上位に表示されやすいというメリットもあり、SEO業者も含め、利用者は増え続けています。 意外と知られ...

ウェブメディア運営のコツ

【2013年度】効果の高いPing送信先21選

SEOの効果はあまり期待できなくなりましたが、インデックス促進のためには必須となっているPing送信先の設定。 毎年送信先候補は減っている感じですが、このブログで設定している、生き残っているPing送信先を21個掲載します。この他にも「こんなところあるよ!」というのがありま...

ウェブメディア運営のコツ

「年収300万ライフ」がTwitter Cardsに対応しました!

「年収300万ライフ」が一昨日辺りからTwitter Cardsに対応するようになりました。 Twitter Cardsは、リンク先の詳細情報をツイート上に表示してくれる機能のことです。ニュース系のサイトはだいたい導入していると思うので、見かけたことがある方は多いんじゃないでしょ...

ウェブメディア運営のコツ

【2013年版】Google Analyticsで新しいアカウントを追加する方法

アクセス解析といえば、と聞かれるとまず間違いなく最初に名前が挙がる「Google Analytics」。機能も随時追加されており、無料のアクセス解析の中では間違いなくナンバーワンの性能を誇ります。 しかし、使っていて結構忘れがちになってしまうのが新規サイトの追加方法。サイト...