WordPressのデザインが面倒だったらThemeForestで買ってしまおう

Themeforest

「これからはWordpressでブログです!」と言われてさあ始めようと思い、レンタルサーバーを借り、ドメインを購入し、必死にやり方を調べてインストールして…というところまではなんとか達成できる方は多いのですが、次に出てくるのが「良いデザインのブログにしたい!」という欲求。そこで無料のテーマを探すことになるのですが、評判の良いものはだいたい誰かに使われているのでオリジナリティは出せず、また機能も納得がいかないものが多いのが現実です。

さて、無料で見つからなかったら、次は有料で誰かに作ってもらうことになります。しかし、ウェブデザイナーに作ってもらうとなると10万以上かかったりすることはざらにあるので、遊びでやるには費用がかかりすぎます。

無料だと納得できない。人に作ってもらうとコスパが…そんな悩みを抱えている方にぴったりなのがThemeForestという海外のテンプレート販売サイト。ここでテーマを探して買ってしまいましょう。ここで買えば、まず間違いありません。

デザインのレベルが高い

ThemeForestは世界中からテーマが集まっているので、デザインのレベルがとにかく高い!眺めているだけで1日潰れてしまうくらいの量のテーマがあるので、必ず1つは気に入ったデザインのテーマを見つけられると思います。

ほぼ全て1万円以内で購入できる

ThemeForestで売られているテーマは、平均が50~60ドルくらいです。高くても1万円以下なので、頑張ってブログを書いていれば十分に回収が見込める金額。

買ったテーマでブログを書いて稼いで、リニューアルする時にはまた新しいテーマを買って…といった運営の仕方もありかもしれません。

ほとんどがレスポンシブWebデザインを採用

昨今のモバイルファーストの流れを受けてか、最近公開されているテーマのほとんどがレスポンシブWebデザインを採用しています。

つまり、テーマを買って、インストールしたらその時点でPCでもスマホでも見られるようになっているということ。つまり、「iPhoneで見づらい!」みたいなクレームに対応する必要がなくなるので、書くことに集中できるようになるのです。

悩んでいる暇があったら買っちゃおう

せっかくブログを書こうと思ってWordpressをインストールしたのに、デザインやスマホ対応など、書くことと関係ないところで悩んでしまうのは時間がもったいないです。

なので、書くことに集中できる環境を作るために、お金を出しましょう。悩んでいる暇があったら、その時間を執筆に費やしたほうがずっとお得です。

関連記事

SEO 【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

いまさらなことほど新鮮に見えるということなので、これから地味にSEO講座を書いていこうと思います。このブログを読んでいる方の中には、少なからずウェブで副業を目論んでいる人がいると思いますので。 今回のテーマは「W3C準拠でソースコードを書く必要はあるのか?」について。結論か...

ウェブメディア運営のコツ

無料WordPressテーマ「Stinger」はそろそろ有料化した方が良いんじゃないか

SEOが施されているということで話題のWordpressテーマ「Stinger」。内部リンクの細やかさでは有料テーマの「賢威」に及ばないものの、アドセンスの配置、レスポンシブなど良くできているなぁと思います。 1つ思うことは、「そろそろこのテーマ有料化した方がいいん...

ウェブサービス

サイバーエージェント運営の「Spotlight」、アプリの広告バナーに「1600万人以上が使ってる!」と誤解を招く絶妙なキャッチコピーを使い話題に

バイラルメディアという単語がバズワードとして消費されきって久しい今日このごろですが、バイラルの火を消してはいかんとばかりに盗用と著作権侵害に定評のあるサイバーエージェントの「Spotlight」がバイラルを仕掛けていることに今頃気づきました。 どういう意味?と二度見してしま...

HTML・CSS講座

floatで並べたliタグ内の項目を中央寄せ(センタリング)する方法

フッターのメニューやページャなど、リンクを並べている箇所は通常liタグでコーディングすると思います。pタグとかで適当に並べてもいいのですが、SEOの関係で今はほぼ全てのサイトでliタグが採用されているはずです。 ただ、困るのがメニューを中央寄せにしたい時。単純にfl...