「あとから読む」の定番Pocketボタンを設置しました!

Pocket

本日より、このブログにPocketボタンを設置しました!気になっているけど時間がなくて読めない記事、参考にするために保存しておきたい記事などなど、後から読みたい記事はどんどん保存しちゃってください!

Pocketってなに?

Pocketは、以前「ReadItLater」という名前で運用されていたサービス。Webサイトやブログ記事だけでなく、動画や画像もあとで読めるようにブックマークできます。

「あとで読む」サービスは他にもいくつかあるのですが、Pocketはその中でも簡単にブックマークできること、そしてiOSでもAndroidでもアプリが提供されていることが特徴です。スマホで読むには長い記事をPocketに保存しておき、帰ってからPCで見る、といった便利な使い方ができるところが好評を博しています。

今はChromeの拡張機能も提供されており、気になったページがあったらボタン一発でPocketに保存されます。Evernoteより気軽にできることから、日本での利用者も徐々に増えているようです。

登録方法は?

下記URLからアカウント登録を行ってください。メールアドレスとユーザ名、パスワードのみと簡単なので、あっという間に終わるはずです。

https://getpocket.com/

最近はPocketボタンを設置するサイトが増えてきたので、気になった記事を片っ端からPocketに放り込んで、通勤時やお昼休みにまとめて読む。そんな使い方をすると良いかもしれませんね!

関連記事

ウェブメディア運営のコツ

便利すぎ!Flickrのクリエイティブ・コモンズ画像を検索できる「flickr_cc」

あらゆるウェブサイトでスマホからのアクセスが大半になり、読み応えのある長文より画像やgif動画で構成された記事が読まれるようになってきました(というか、もう長文は何かしら目的がある人しか読まないですね)。ただ、全てオリジナルで用意するのはとんでもないコストがかかるので、ネット上か...

ウェブメディア運営のコツ

BuzzFeedみたいなバイラルメディアは日本のほうがうまく作れるんじゃないか疑惑

バイラルメディアという単語が生まれるきっかけとなったBuzzFeedをここのところ毎日のように眺めています。ゴシップにおちゃらけた記事、そしてその中にイラクの空爆についての記事が交じっていて、なるほどこれはバイラルされるなぁと感心しながら読んでいます。 日本で言えば...

ウェブメディア運営のコツ 1記事300円で書くくらいなら自分でサイトを作ってしまおう

ライターの皆さん、1記事300円で記事を書くくらいなら、自分でサイトを作ってしまいましょう

クラウドソーシングの案件を眺めているとよく見るのが「○○の記事を1記事300円で書いてくれる人募集!」みたいな案件。1記事だいたい400〜800文字、10〜20記事くらいで発注されているものが多いです。 この記事執筆系の案件、ちょっと書くだけでお金がもらえるというこ...

ウェブメディア運営のコツ

【2013年度】効果の高いPing送信先21選

SEOの効果はあまり期待できなくなりましたが、インデックス促進のためには必須となっているPing送信先の設定。 毎年送信先候補は減っている感じですが、このブログで設定している、生き残っているPing送信先を21個掲載します。この他にも「こんなところあるよ!」というのがありま...

SEO 【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

【SEO講座】第1回 W3C準拠でソースコードを書く必要はあるの?

いまさらなことほど新鮮に見えるということなので、これから地味にSEO講座を書いていこうと思います。このブログを読んでいる方の中には、少なからずウェブで副業を目論んでいる人がいると思いますので。 今回のテーマは「W3C準拠でソースコードを書く必要はあるのか?」について。結論か...