【GA4】ページ別訪問数を確認する方法(ユニバーサルアナリティクスとの違い)

Google Analyticsの管理画面を久しぶりに開いたときに

2023 年 7 月 1 日より、ユニバーサル アナリティクスでは標準プロパティで新しいデータの処理ができなくなります。それまでに Google アナリティクス 4 プロパティに切り替えて設定を進めておきましょう。

というアナウンスが出るようになって、慌ててGA4のタグを埋め込んでいるみなさまこんにちは。私もその1人です。この記事を書いている時点ではGA4へ移行してから2ヶ月ほど経つのですが、新しい管理画面になかなか慣れません。

特に見つけるまでに苦労したのが「ページごとのアクセス数」を確認できるページ。ユニバーサルアナリティクスでは「集客」や「行動」タブをクリックすれば終わりだったのですが、GA4では「集客」タブをクリックしても見つからず…あらゆるタブをクリックして探してようやく見つけることができました。

というわけで、備忘録を兼ねてこの記事を書いています。

GA4でページごとのアクセス数を確認できる機能名は?

GA4(Google Analytics4)でページごとのアクセス数を見たいときはまずレポートページを開いて、サイドバーの「エンゲージメント」タブ内の「ページとスクリーン」をクリックしてください。

クリックするとアクセス数のグラフがページ上部に。

数値の詳細が見られる表がページ下部に表示されます。

どうも「ページタイトルとスクリーンクラス」というメニュー名を略して「ページとスクリーン」になっているようで、そのせいでなかなか「ページごとのアクセス数はどこで見ることができるんだ!」となっている人が多いようです。

この記事が1人でも多くのGA4初心者を救うことを祈って。

関連記事

ウェブメディア運営のコツ

新しいデザインになったツイートボタンをVertical(バルーン付き)でバランスを崩さず横並びに表示させる方法

3連休初日に実装とかやめてくださいよ… 本日11月21日より、ツイートボタンが新しいデザインに変更になりました。そして、それに伴いツイート数取得機能が終了。ついでにバルーン(カウント数が表示されていた吹き出し部分のこと)も消えました。 ツイート数が表示されないことは別...

ウェブメディア運営のコツ 1記事300円で書くくらいなら自分でサイトを作ってしまおう

ライターの皆さん、1記事300円で記事を書くくらいなら、自分でサイトを作ってしまいましょう

クラウドソーシングの案件を眺めているとよく見るのが「○○の記事を1記事300円で書いてくれる人募集!」みたいな案件。1記事だいたい400〜800文字、10〜20記事くらいで発注されているものが多いです。 この記事執筆系の案件、ちょっと書くだけでお金がもらえるというこ...

HTML・CSS講座

floatで並べたliタグ内の項目を中央寄せ(センタリング)する方法

フッターのメニューやページャなど、リンクを並べている箇所は通常liタグでコーディングすると思います。pタグとかで適当に並べてもいいのですが、SEOの関係で今はほぼ全てのサイトでliタグが採用されているはずです。 ただ、困るのがメニューを中央寄せにしたい時。単純にfl...

ウェブメディア運営のコツ

WordPress 3.8日本語版の配信開始。かつてない大幅なデザインのアップデートで最初は戸惑うかも

Wordpress3.8日本語版の配布がスタートしました(リリースノートはこちら)。 今回の目玉は「現代的な新デザインの導入」ということで、アップデートするとわかるのですが管理画面のデザインが一気に変わってびびります。サイドバーがフラットデザインっぽくなり、レスポン...

Google活用術

Google Adsenseの新広告ユニット「モバイル アンカー広告」はメディア運営者もユーザーも得をする

まだまだ発展途上のモバイル広告。大きさはどれくらいが良いか、どこに掲載すればタップ率が上がるか…日々試行錯誤が繰り返されています。 今のところ掲載側の立場で最も支持されているのが追尾型の広告。そうです、あの一番下に常に出てくるうざったい広告のことです。誤タップによって収益が...