60点で次々にアウトプットすることは大事だけど、60点の質を高めるインプットも大事

ネットで簡単にアウトプットができる時代になって、「60点でもいいから次々に出せ」という風潮があります。それに合わせてか60点主義みたいな単語も出てきて、とにかく量をこなすことが良いことと思われる世の中になりつつあります。自分もこのブログで60点な記事を次々に出しているので、とにかくアウトプットしながら成長していく今の世の中に乗っかっているのは認めざるを得ません。

しかし、忘れてはいけないことが1つ。それは、自分が作ったものを最初に採点するのは自分であること。そして、他人が見た時に自分と同じ点数をつけてくれるとは限らないということです。つまり、自分で60点と思っているものが他人から見た時に何点になるか、そこを意識しないでアウトプットし続けるのは危険だということです。

自己評価の60点、他人から見たら何点?

60点の写真

例えばこの写真、焦点が全く合っていないし、何を写したいのかさっぱりわかりません。でも、写真を撮り始めたばかりの人だったら、自分の中で60点をつけて公開するかもしれません。

当然、この写真を見た人はろくな点数を付けないでしょう。速攻でウィンドウを閉じる人が続出するだけでなく、「なんで公開したし」「時間返せ」「芸術だと言われても許容できない」といった辛辣なコメントを残して去っていく人も出てきそうです。60点以上を付ける人はほとんどいないでしょう。

この後、この写真をアップした人が「60点主義」だけを大事にして、同じような写真を次々にアップしていったらどうなるか?もう結果は見るまでもなく、誰もアクセスしてくれないブログの一丁上がりとなります。毎日毎日、誰も見てくれないフォトブログを更新するモチベーションを保つのは難しいので、早々に閉鎖となるはずです。

60点のハードルを上げよう

平均点の高いコンテンツを作りたいのなら、今自分が考えている60点のハードルを上げる必要があります。今まで60点と思っていたものを世間の評価と照らし合わせ、30点、40点と点数を修正し、次はもっと良いコンテンツを作ろうと意識することが大事です。

写真の話で続きを書くとしたら、60点のハードルを上げるとしたら

・もっといいカメラを買う
・ワークショップに参加する
・有名な写真家の真似をしながら撮る練習をする
・構図を勉強できる本を買う
・flickrをはじめとしたオンライン写真共有サイトで人気の写真を見て勉強する

といった改善策が考えられます。

昨日より今日、今日より明日、常に高いレベルを目指していけば、自然と60点のハードルは上がっていくことでしょう。

スポンサードリンク

60点に甘えないようにすることが大事

60点主義という言葉はとても響きが良くて、これからの時代にマッチしていると思うのですが、同時に甘えることもできる言葉だなと思います。「60点でも出せって言ったから」みたいな言い訳をしてつまらないものを出すことは誰も得をしないことですし、何よりその考え方でアウトプットすればするほど、本人がダメになっていくことでしょう。

60点で出し続けることをプラス方向に持っていくためには、60点の質を上げるためのインプットが必要不可欠。私はこのブログの記事執筆を通じて、勉強しつつ60点のハードルを引き上げていきたいと考えています。

関連記事

年収アップオピニオン

夜中だけ強気になる人たちへ

夜中だけ強気になる人がいます。 午前2時、3時。世の中の大体の人が寝静まった時間帯に「明日からいろんなことに挑戦するぞ!」「今思いついたこのビジネスアイデアは完璧だ。明日から取り組めば人生が変わるくらい儲かるかも」と強気になり、特に挑戦することを決めることなく、ビジ...

年収アップオピニオン

「無駄な努力はない」という幻想にとらわれないようにするために

私は努力をすることは好きですが、無駄な努力は絶対にしたくない人間です。やっても意味のないことに時間を費やすほど暇ではないですし、そんな時間があれば自分に役に立つことに使いたいです。 こういう話をすると、「世の中には無駄な努力なんてない!」と怒る人が出てくるのですが、...

年収アップオピニオン

記事分割をするなら「全文表示ボタン」も一緒に設置してほしい

今やすっかり定着した記事分割。1記事でも3分割すれば3PV稼げるという運営側の都合で実装されたわけですが、ユーザーからすると短い記事でも2回、3回とクリックしないと全部読めないのでうっとうしくてしかたありません。 しかし、最近この問題に対処するメディアが出てきました...

年収アップオピニオン

好きなものをより好きになる努力をしよう

誰でも好きなことはあると思うのですが、ずっと好きでいるにはかなりの努力が必要です。好きが停滞する時があれば、一瞬だけ嫌いになる瞬間もあるかもしれないし、離れて無関心になることもあります。 例えば、自分が今運営しているこのブログは、書くことが好きで始めたものです。でも...

年収アップオピニオン

増える駅員への暴力を減らすために、鉄道会社は「元暴力団組員(ヤメ暴)」を雇ってみてはどうか?

東洋経済オンラインを読んでいたら、こんな記事がありました。 「駅員への暴力」が増えている原因は何なのか そういえば自分も現場に遭遇したことあるなぁと嫌な思い出が蘇ってしまったので、自分なりにどうやったら減らすことが出来るのかを考えてみました。 暴力行為は増加傾向...