2014年7月1日よりカカオトークがネット上に公開されているIDに対してアカウントを停止する取り組みを開始

カカオトーク

LINEと並んで人気のメッセージングアプリであるカカオトークが、ネット上に公開されているIDについて、2014年7月1日よりアカウント停止措置をとることを表明しました。

カカオトークは未成年でもID検索ができるため、中高生が性犯罪に巻き込まれる可能性が高いことが問題視されていました。そのため今年(2014年)5月頃から「短期間に多数のID検索があった場合、そのIDを検索不可にする」という対策をとっていたのですが、それほど効果がなかったのか、更に踏み込んだ対応を取ることになるようです。

アカウント停止はやりすぎなんじゃないかと思うのですが、Twitterとかを眺めていると「私のIDはこれ。みんな登録して~」といった感じでIDを晒す中高生がいたりするので、仕方ないのかなと。本人たちは友達にだけ見せているつもりなんでしょうけど、ネットにはだめな大人がたくさんいますからね…

関連記事

iPhone、iPad

意外に知られていない、iPhoneのキーボードの日本語・英語を簡単に切り替える方法

iPhoneでこのブログの下書きやちょっとしたメモを書いている時、困るのがキーボードの切り替え。地球儀マークを押せば切り替わることはわかっているのですが、いちいち絵文字とかを経由して切り替えるのは面倒だし、連打しているうちに違うものに切り替わってしまったりして、結構不便です。 ...

Android

SIMフリー格安スマホの本命「Ascend G6」のスペックと価格

今スマホメーカーで一番勢いがあると言っていい中国のファーウェイが、本格的なSIMフリースマホ「Ascend G6」を6月末から日本に投入してくることが明らかになりました。 OSが最新のAndroid4.3でメモリが1GBと高スペックながら29800円(税別)と驚異的...