格安SIMカードは「OCN モバイル ONE」以外契約する理由がない。もはや比較の必要もなし。超おすすめ!

41PZuR7-hSL

気づいたら格安SIMが充実してきたので、そろそろSIMフリーのiPad mini用にどこか契約しようと思って調査をしていたら「OCN モバイル ONE」以外を契約する必要がないことがわかりました。これやばい、比較する必要がないくらいに他社を突き放しています。

これから格安SIMを試してみようと思っている方、悪いことは言いません。「OCN モバイル ONE」を契約しましょう。ステマではなくガチでこれは最高のサービスです。絶対に損しません。

「ターボ機能」で勝負あり

なぜここまでステマ疑惑を抱かれるレベルで推すか?それは6月末に開始した「ターボ機能」にあります。この機能が実装されたことによって、「OCN モバイル ONE」は格安SIM業界でダントツのトップになったと言っても良いです。

いったい何の機能かというと、公式サイトから機能の説明を引用すると

ターボ機能とは、速度制限なしの通信(最大150Mbps)と、通信容量を消費しない速度制限ありの通信(最大200kbps)を自由に切り替えられる機能です。

といった感じで、通信速度を簡単に切り替えられる機能なのです。切り替えはアプリから簡単にできるとのこと。

これだけでなぜトップになったと言えるのか?それは簡単です。だって、速度制限有りの通信に切り替えたら「通信容量を消費しない」んですよ?下図にもあるように、LTEで接続する必要があるのはぶっちゃけ動画や音楽、アプリをダウンロードするときくらいです。

OCNモバイルONE ターボ機能の説明

電車の中でメール見たりTwitterやったりするときには低速通信で。動画を観たい時とか、Google Mapをすぐに使いたいときには高速通信に切り替えて、みたいな運用をすれば、一番容量が少ないプランを契約しても余裕で運用できるということです。家にWi-Fiがあれば、月1GBを超えることはめったにないでしょう。

もちろんiPhone、iPadも対応

iphone_ipad_ok

当たり前のことですが、「OCN モバイル ONE」はnanoSIMも提供しているのでiOS搭載端末でも余裕で使えます。

iPhoneもiPadもAppleストアでSimフリー版を買えるようになったので、ちなみにiOS搭載端末で使うSIMのサイズはnanoSIMです。間違えないようにしましょう。

スポンサードリンク

月額料金は1GB/月 1,188円から

さて、もう競争には決着がついたので次は契約の際に一番気になる月額料金の話へ。以下に初期費用や速度制限がかかる条件をまとめました。

 OCN モバイル ONE
1GB/月コース
OCN モバイル ONE
2GB/月コース
OCN モバイル ONE
500kbpsコース
月額料金(税込)1,188円1,566円1,944円
初期費用3,240円
(パッケージ料金)
3,240円
(パッケージ料金)
3,240円
(パッケージ料金)
回線ドコモXi®エリア、FOMA®エリアドコモXi®エリア、FOMA®エリアドコモXi®エリア、FOMA®エリア
通信速度下り:最大150Mbps
上り:記載なし
下り:最大150Mbps
上り:記載なし
下り:最大150Mbps
上り:記載なし
高速データ通信量1GB/月2GB/月7GB/月
通信速度制限(規制)当月にご利用の合計通信量が通信容量を超えた場合、当月末日23時59分まで通信速度が送受信時最大200kbpsになります。 連続する3日間で366MB以上利用の場合、翌日終了まで他の回線に比べ通信が遅くなる場合があります。当月にご利用の合計通信量が通信容量を超えた場合、当月末日23時59分まで通信速度が送受信時最大200kbpsになります。 連続する3日間で366MB以上利用の場合、翌日終了まで他の回線に比べ通信が遅くなる場合があります。通信容量まで送受信時最大500kbpsでご利用いただけます。当月にご利用の合計通信量が通信容量を超えた場合、当月末日23時59分まで通信速度が送受信時最大200kbpsになります。
SIMカード枚数1枚1枚1枚
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
標準SIM
microSIM
nanoSIM
標準SIM
microSIM
nanoSIM
SMSオプション129.6円/月129.6円/月129.6円/月
音声通話なしなしなし
追加チャージ500MB:540円500MB:540円なし
最低利用期間なしなしなし
申込みページ詳細ページはこちら

おすすめは2GB/月コースでしょうか。1GBは意外と超えてしまうことがあるので、万が一のことを考えて2GBにしておくと何かと便利です。1,566円(税抜)と金額もそれほど高くないので、1台目でも2台目でも問題なく使えるでしょう。

500Kbpsコースは使用できる容量が7GBと多いですが、回線速度が500Kbpsに固定されてしまっているのがネック。使用量が少なかったとしても高速回線が使えるコースにした方がいいと思います。

他社が追随するまではこれで決まり

いやーもう、いろんな会社のを買って比較してみようと思っていたけど、ターボ機能で勝負ありました。リッチコンテンツを毎日のように閲覧したい人には厳しいかもしれませんが、普段テキストデータを扱うことが多い人にとっては、いつでも使い放題の低速通信に切り替えられるのは最高なんじゃないでしょうか。

おそらくターボ機能は他社もすぐに追随してくると思いますが、料金もそれなりに安いですし、とりあえずみたいな感覚で「OCN モバイル ONE」を契約して損はないと思います。AmazonでSIMを買って公式サイトから契約すればすぐに使えるようになりますし、いつ解約しても違約金がないところも魅力です。

格安SIMの練習として、とりあえず買うだけ買っておくのもありなんじゃないでしょうか。

スマホのパケ代月々月額972円(税込)から!安心の「OCN モバイル ONE」

「OCN モバイル ONE」SIMカード

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 32

※買ったから契約しないといけないといった縛りはありません。

SIMカードを取り出すにはこれが便利!

格安SIMについては、現在激動の時代に入ってきているのでどこかでまとめサイトを作れたらなーと考えています。

関連記事

ガジェット最新情報

4年かけてこのレベルかよ!な残念ガジェット「Noteslate SHIRO」

もう倒産してると思ってました。 2011年にコンセプトが発表された時、ガジェット好きが「うおおおおお!」と叫んだNoteslateという製品がありました。紙のようにスラスラと書けて、書いたものはWi-Fiで転送可能。見た目もかっこいいということで私も買う気満々でした...