【Live Sass Compiler】Warning: File is not in a workspaceが出てコンパイルできなかったときの解決方法

保存するだけでSassファイルを自動でコンパイルしてくれるVisual Studio Codeの便利なプラグイン「Live Sass Compiler」。自分も愛用しているのですが、たまに保存したときに

Warning: File is not in a workspace

というエラーが出て「おや?」となる時がありました。

原因を確認したところすごい初歩的なミスをしていることがわかってすぐに解決できたので、メモがてら記事にします。

Warning: File is not in a workspaceの解決方法

このエラーが出る原因はファイルを単体で開いているからです。

エクスプローラーで「開いているフォルダーがありません」と出ていた場合はコンパイルができません。

と、いうわけでエクスプローラーからSassファイルのあるフォルダ(もしくはワークスペース)を開きましょう。そうするとエラーは出なくなります。

Sassファイルだけ変更したいときはついつい単体で開きがちなので、Live Sass Compilerをお使いの方はフォルダ単位で開いているかどうかを常にチェックするようにしましょう。

関連記事

年収アッププログラミング 【Firestore v9】dateフォームの値を入れるとtimestamp型ではなくstring型と判断されてしまう問題の解決方法

【Firestore v9】dateフォームの値を入れるとtimestamp型ではなくstring型と判断されてしまう問題の解決方法

最近Firebaseを使って簡単なウェブアプリを作るのにチャレンジしたのですが、Firestoreのtimestamp型に癖があって苦労しました。 特に困ったのがdateフォームからのデータを入力するときで、そのまま値を入れたらstring型と判断されて「あれ?」となりま...