「東京シャッターガール」は写真版「孤独のグルメ」?二代目ゴローちゃんは美少女だった

東京シャッターガール

Kindleストアで1巻が199円で売られていたので、前々から気になっていた「東京シャッターガール」を購入。タイトルからして東京の名所を1カ所ずつ何話かに分けて紹介するマンガだろうと思っていたのですが、ふたを開けてみたら1カ所1話完結。しかも各話4〜5ページだったので驚きました。

このマンガは写真部に入ったばかりの女子高生夢路 歩(ゆめじ あゆみ)が東京の各地を訪れ、その土地その土地にある名所を撮影するというシンプルなもの。訪れた場所の歴史を紐解いてみたり、文学作品から訪れた場所の描写を引用してみたりと、最大で5ページながらマンネリにならないよう工夫がなされていて、サクサク読み進めることができます。

特に1つ1つの話がリンクするわけでもなく、大きな盛り上がりも衝撃のオチもない、良い意味で淡々としたこのマンガ。何かに似てるなーと思ったら、「孤独のグルメ」でした。訪れる場所が神田とかトキワ荘通りとかとにかくシブいところが多いところとか、背景の描写がうまいところとか、「東京シャッターガール」というタイトルなのにカメラについての蘊蓄や撮影の仕方についてのこだわりなどがほとんど出てこないところとか、まさに孤独のグルメ。肩の力を抜いて読める内容だけど、手を抜いているわけではないのでついつい読み返してしまう。そんなところもそっくりです。

というわけで、二代目ゴローちゃん夢路歩が東京を歩き回る「東京シャッターガール」。撮影に適した場所のデータベースとしても、散歩のネタとしても楽しめるので、ポチッと一冊、どうでしょうか。

 

東京シャッターガール 1
日本文芸社 (2013-11-29)

関連記事

Amazon kindlepaperwhite

紙の本が好きな人ほど、電子書籍を買うべき3つの理由

今年Kindle Paperwhiteを購入して以来、自分の読書スタイルは大きく変わりました。本を紙以外で読むことなんて考えられないと思っていたのですが、今はあの時期が懐かしく思えます。 来年も電子書籍を買い続けると思うので、自分と同じく「本は紙だ!」と思ってまだ手...

年収アップ読書術

即効性がないけど、確実に文章力がアップする本3冊

ブログを始めたばかりの頃、自分の文章力のなさに絶望したことがありました。前後の文脈がつながらず、冗長な表現も多く、重複した内容も多数見受けられるなどなど、典型的なダメ文章を量産してました。 で、「これではダメだな」と思い、簡潔な文章を学べる新聞、きれいな文章を読める...

年収アップ読書術 2014年、正月休み中に読んでおきたい本3選

2014年、正月休み中に読んでおきたい本3選

新年あけましておめでとうございます。年末に体調を崩し、正月は寝正月という素晴らしいスタートを切った年収300万ライフ。今年もよろしくお願いいたします。 さて、今年の正月休みは例年に比べて長いため、旅行以外にもいろんなことにチャレンジしている人は多いのではないでしょうか。 ...