「年収アップオピニオン」の記事一覧

実は年収アップとなんの関係もない、ただ思ったことを書き連ねるコラム的コーナー。読んで年収がアップするかどうかは神のみぞ知る…

年収アップオピニオン

増える駅員への暴力を減らすために、鉄道会社は「元暴力団組員(ヤメ暴)」を雇ってみてはどうか?

東洋経済オンラインを読んでいたら、こんな記事がありました。「駅員への暴力」が増えている原因は何なのかそういえば自分も現場に遭遇したことあるなぁと嫌な思い出が蘇ってしまったので、自分なりにどうやったら減らすことが出来るのかを考えてみました。暴力行為は増加傾向...

年収アップオピニオンやっぱりLGBTの同性愛は異常だと思うんだけど、なんで「同性愛は異常だ」と言ったらいけないの?

やっぱりLGBTの同性愛は異常だと思うんだけど、なんで「同性愛は異常だ」と言ったらいけないの?

最近はカミングアウトする人が増えたおかげなのか、「私は○○(LGBTのいずれか)です」と自己紹介する方に会う機会が増えまして。一緒に仕事をすることも珍しくなくなりました。渋谷区で同性パートナーシップ条例が施行されたことを見ても、一定の市民権を得てきているのだなと感じています。 ...

年収アップオピニオン

なぜ、始業時間と同時に仕事を始める人は仕事ができないのか?

Photo by Steven Mileham私が以前勤めていた会社に、結果を出せない先輩(Kさん)がいました。毎日遅刻せず出勤し、時には遅くまで仕事をしている人だったのですが、業績に影響をあたえるような活躍は全くと言っていいほどできませんでした。上司は典型的...

年収アップオピニオン

頭が良くて仕事ができるように見えるけど、結果を出せない人が持つ4つの習慣

頭が良くて仕事もできるんだけど、なぜか結果を出せない人、周りにいないでしょうか。もしくは、あなた自身が今まさにそんな状態に陥っていないでしょうか。問題点をすぐに見つけることができるし、一つ一つの発言に説得力があるし、仕事の効率化もうまいし、情報収集も早い…理想的な...

年収アップオピニオン

やりたいことは、誰にでもできることの延長線上にある

このブログをやっていたおかげ、というわけではないのですが、来年からとある会社の新規事業に関わることになりました。しかも、自分がやりたかったメディア関連の仕事。普段はサイトの更新やちょっとした文章の修正など、簡単な仕事を請けていただけだったので、まさかの展開で驚いています。...

年収アップオピニオン

夜中だけ強気になる人たちへ

夜中だけ強気になる人がいます。午前2時、3時。世の中の大体の人が寝静まった時間帯に「明日からいろんなことに挑戦するぞ!」「今思いついたこのビジネスアイデアは完璧だ。明日から取り組めば人生が変わるくらい儲かるかも」と強気になり、特に挑戦することを決めることなく、ビジ...

年収アップオピニオン

60点で次々にアウトプットすることは大事だけど、60点の質を高めるインプットも大事

ネットで簡単にアウトプットができる時代になって、「60点でもいいから次々に出せ」という風潮があります。それに合わせてか60点主義みたいな単語も出てきて、とにかく量をこなすことが良いことと思われる世の中になりつつあります。自分もこのブログで60点な記事を次々に出しているので、とにか...

年収アップオピニオン

「無駄な努力はない」という幻想にとらわれないようにするために

私は努力をすることは好きですが、無駄な努力は絶対にしたくない人間です。やっても意味のないことに時間を費やすほど暇ではないですし、そんな時間があれば自分に役に立つことに使いたいです。こういう話をすると、「世の中には無駄な努力なんてない!」と怒る人が出てくるのですが、...

年収アップオピニオン

自分の可能性を広げるキーワードは「勘違い」。もっと勘違いして行動してみよう

ネットのおかげであらゆる分野で何かを始めるためのコストが下がっているのに、ネットの監視の目が怖くてできないという矛盾に陥っている現代社会。何かを始めたいと思っているけど「失敗したら何と言われるのだろう」「今書いているブログの内容が稚拙だと思われたらどうしよう」と、余計なこ...

年収アップオピニオン

好きなものをより好きになる努力をしよう

誰でも好きなことはあると思うのですが、ずっと好きでいるにはかなりの努力が必要です。好きが停滞する時があれば、一瞬だけ嫌いになる瞬間もあるかもしれないし、離れて無関心になることもあります。例えば、自分が今運営しているこのブログは、書くことが好きで始めたものです。でも...

年収アップオピニオン

記事分割をするなら「全文表示ボタン」も一緒に設置してほしい

今やすっかり定着した記事分割。1記事でも3分割すれば3PV稼げるという運営側の都合で実装されたわけですが、ユーザーからすると短い記事でも2回、3回とクリックしないと全部読めないのでうっとうしくてしかたありません。しかし、最近この問題に対処するメディアが出てきました...