ロケットニュース24「従業員が勝手にステマやりましたサーセン(記事を消すとは言ってない)」

珍しく画像じゃない

正直、ステマ記事しかないサイトだと思ってました。




本日10月8日、株式会社ソシオコーポレーションは自社が運営するロケットニュース24にて「当社メディアにおける不正な広告記事についてのお詫び」という記事を掲載しました。

本件広告記事は、弊社従業員が弊社に無断で販売し、私的な利益を得ていた不正なもので、弊社が販売する正規の広告記事とは異なります。現時点では、2014年頃から販売されていたことが判明しております。
当社メディアにおける不正な広告記事についてのお詫び | ロケットニュース24

よくある「社員が悪くてウチは悪くありません」論法ですね。画像で謝罪しない辺りはネット廃人が多い会社ならではの潔さを感じます。

サイトの目立つ所に記事へのリンクを張りつつも、ジャンルをニュースにしてランキングに載せない工夫をしているところも慣れてるなぁと思いました。

で、無断ステマした記事ってどれよ?

記事を読んだ時、ロケットニュース24は迷惑メールシリーズ以外全部ステマだと思って読んでいたので特に驚きませんでした。「あぁ、ロケットニュースね、うん」といった感じです。

しかし、一つ気になっていることがあります。この記事を書いている時点で、問題となった記事が消された形跡がないことです。何度かリロードして2014年の記事数を眺めていますが、全く変化がありません。

ロケットニュース24はネットの酸いも甘いも知り尽くしているので、この手の炎上は「無断ステマが判明した記事を削除し、ライター名を公表して謝罪させ、ネットの反応次第ではライターを尻尾切りでサイトを存続させる」が常套手段と知っているはずです。しかし、今のところその様子がないのが気になっています。

記事を消せないのは、無断ステマをした従業員がエースライターだから?

無断ステマ該当記事の公表と削除対応が遅い理由は、記事を削除すると書いたライターが特定されるからでしょう。ロケットニュース24は基本記事を書いたライターが明記されているので、消せば書いた人がすぐにバレます。すでに全記事のタイトルとライター名を保存している人がいるはずなので、削除され次第「あいつだー!」と即特定されるでしょう。

果たして私的な利益を得ていた従業員とは誰なのか。ちょっとだけ関わっていた人だったら簡単に尻尾切りできると思うのですが、直接オファーをもらうくらいなのでエース格のライターなのではないかと私は予想しています。

エースを失うとメディアの質は一気に落ちるので、責任者は今ごろかなり悩んでいるのではないでしょうか。ロケットニュース24の運命やいかに!?

関連記事

ウェブメディア運営のコツ

【悲報】Googleハネムーン終了で当ブログのアクセス数が急減。もしくはヨーヨー現象?

本気で記事を増やし始めた今年の4月頃から検索エンジンからの流入が増えアクセス数は好調に推移していたのですが、7月の終わり頃に一気に順位がストーンと落ちまして。ジェットコースターのごとくアクセス数が地をはっております。 地道に記事を増やしていたことが評価されて検索順位...

Wordpress

「WP to Twitter」でエラーが出る場合の解決法

15日のどこかでTwitter APIのアップデートがあり、使用プロトコルが「http」から「https」に変わった影響で、ツイッタークライアントをはじめとして多くの不具合が報告されています。 Wordpressで記事を更新すると同時にツイートしてくれる「WP to T...

ウェブメディア運営のコツ 1記事300円で書くくらいなら自分でサイトを作ってしまおう

ライターの皆さん、1記事300円で記事を書くくらいなら、自分でサイトを作ってしまいましょう

クラウドソーシングの案件を眺めているとよく見るのが「○○の記事を1記事300円で書いてくれる人募集!」みたいな案件。1記事だいたい400〜800文字、10〜20記事くらいで発注されているものが多いです。 この記事執筆系の案件、ちょっと書くだけでお金がもらえるというこ...

ウェブサービス

サイバーエージェント運営の「Spotlight」、アプリの広告バナーに「1600万人以上が使ってる!」と誤解を招く絶妙なキャッチコピーを使い話題に

バイラルメディアという単語がバズワードとして消費されきって久しい今日このごろですが、バイラルの火を消してはいかんとばかりに盗用と著作権侵害に定評のあるサイバーエージェントの「Spotlight」がバイラルを仕掛けていることに今頃気づきました。 どういう意味?と二度見してしま...

Google活用術

Google Adsenseの新広告ユニット「モバイル アンカー広告」はメディア運営者もユーザーも得をする

まだまだ発展途上のモバイル広告。大きさはどれくらいが良いか、どこに掲載すればタップ率が上がるか…日々試行錯誤が繰り返されています。 今のところ掲載側の立場で最も支持されているのが追尾型の広告。そうです、あの一番下に常に出てくるうざったい広告のことです。誤タップによって収益が...