最強WindowsノートPCはどっち!?Vaio ZとSurface Pro 4のスペックを徹底比較!

vaioz-vs-surfacepro4

どっちにするかマジ迷う…!

Windows 10が発売されてから2ヶ月ちょっと。搭載されたPCが各メーカー出揃ってきたところでMicrosoftがSurface Pro 4発表って、そりゃあ迷います。Surface Bookなんてものまで発表されてしまい、私の物欲センサーの反応はピークに達しております。

でも、日本育ちSONY好きの自分としては国産ノートPCの雄VAIO Zも応援したい。安易にSurface Pro 4に転向するわけにはいかないのです。

というわけで、VAIO ZとSurface Pro 4、それぞれフルカスタマイズした時のスペックを比較してみました。「SONY好きだけど、最近攻めまくっているMicrosoftが気になってねぇ…」な方は必見です。

VAIO ZとSurface Pro 4のスペック比較(どちらもフルカスタマイズ)

 VAIO ZSurface Pro 4
サイズ(横×縦×厚み)324.2 x 215.3 x 15.0-16.8 mm292.10 x 201.42 x 8.45mm
画面サイズ、方式13.3型12.3型
画面解像度2560×14402736×1824
縦横比16:93:2
CPUCore i7-5557U(Broadwell)Core i7(Skylake)
メモリ16GB16GB
ストレージ(全てSSD)512GB1TB
ポートUSB3.0×2
HDMI端子×1
ステレオ、ミニ端子 x 1
SDメモリーカード スロット x 1
USB 3.0
misroSDカードリーダー
ヘッドセット
mini DisplayPort
CoverPort
SurfaceConnect
Bluetooth4.14.0
カメラ(背面)8Mカメラ(799 万画素)HDカメラ(720万画素)
カメラ(フロント)HDカメラ(92 万画素)HDカメラ(500万画素)
バッテリー駆動時間連続15時間最大9時間(動画再生)
重量約1.34kg (バッテリー込み)786 g

スペックはSurface Pro 4が有利。しかし…

後から発表されたものなので当たり前なのですが、スペックはSurface Pro 4の完勝。Skylake搭載でメモリは最大16GB、SSDも1TBまでいけるので文句なしでしょう。

しかし、モニターはVAIO Zの方が大きい。解像度はSurface Pro 4が上とはいえ、1インチの差は大きいです。私は動画編集もすることがあるので、外で仕事をするときは画面が少しでも大きい方がいい。性能をとるか画面の大きさを取るか、悩ましいところです。

個人的にはVAIO ZがさっさとSkylake搭載してくれれば迷わずに飛びつけるのになぁ、といった感じです。

関連記事

Android

格安SIMカードは「OCN モバイル ONE」以外契約する理由がない。もはや比較の必要もなし。超おすすめ!

気づいたら格安SIMが充実してきたので、そろそろSIMフリーのiPad mini用にどこか契約しようと思って調査をしていたら「OCN モバイル ONE」以外を契約する必要がないことがわかりました。これやばい、比較する必要がないくらいに他社を突き放しています。 これか...

Android

SIMフリー格安スマホの本命「Ascend G6」のスペックと価格

今スマホメーカーで一番勢いがあると言っていい中国のファーウェイが、本格的なSIMフリースマホ「Ascend G6」を6月末から日本に投入してくることが明らかになりました。 OSが最新のAndroid4.3でメモリが1GBと高スペックながら29800円(税別)と驚異的...

ガジェット最新情報

【2014年5月版】2万円台で買える!デュアルディスプレイ向けおすすめモニター4選(23インチ)

デュアルディスプレイは一度導入すると戻れないくらいに便利なのですが、いつかやろう、いつかやろう…と思いながら見送っている人はかなりの数いると思います。 見送る理由はやり方がわからない、面倒くさいといった作業的な理由はもちろんのこと、「モニターって高いんじゃないの?」...