covia、SIMフリースマホ「FLEAZ F5」を発表。8月下旬発売で価格は18,800円(税抜)

001l

最近SIMフリー端末は中国の攻勢がすさまじいですが、「国産スマホも頑張っています!」というアピールをしたいのかCoviaが「FLEAZ F5」というAndroidスマホを発表しました。

まさかのLTE非対応

まず、税抜き18,800円ということで国産スマホにしては頑張っているなと思ったのですが、仕様を見ていたらまさかのLTE非対応。この時代に日本向けに販売するのに非対応というのは英断なのか、何も考えていないのか。なんでしょう、5年前くらいから進めていたプロジェクトだったんでしょうか。それなら1億歩譲って納得するんですが。

LTEに今後対応するかどうかは明記されていないので、非対応という時点でスルーな人は「Ascend G6」でも検討してみてください。

ガラケーのSIMカードもそのまま使えるデュアルSIM

cpf50ak_sim_select_03b

FLEAZ F5はデュアルSIMで、標準SIMとmicroSIMの2種類に対応しています。そして、2枚同時に挿して切り替えて使うこともできるそうです。

標準SIMはいわゆるガラケーに使われているやつと一緒なので、今キャリアと契約しているガラケーのSIMを挿して設定すればそのまま通話ができます。ネットについては契約内容をしっかり確認しておかないとパケ死するので注意しましょう。

microSIMは、今どんどん増えている格安SIMカードを販売している業者が取り扱っているので、自分にあったプランを提供しているところがあればそこと契約するのがいいでしょう。海外でも手に入れやすいSIMカードですね。

ただ、3Gしか対応していないので、LTEしか掴まないSIMカードを契約するのは見送ったほうが良さそうです。契約前に詳細をチェックしましょう。

カメラは期待できなさそう

002l

カメラは背面が500万画素といまどきな感じですが、フロントカメラが30万画素と「ガラケーですか?」な画素数。ツイキャスとかやるには向いてなさそうです。

ここもうちょっと頑張ったほうが良かったんじゃないかなぁ…

安い検証機が欲しい人向けのスマホ?

なんか書けば書くほど残念さが際立ってきてしまうわけなのですけれども。良いところを挙げるとしたら、Android4.4なところでしょうか。最新のOSを搭載した安い検証端末が欲しい人にとっては魅力…的だと思います。

見た所そんなOSいじってない感じなので、アップデートがあった時にも素早く対応してくれるはず(たぶん、おそらく)。あれだ、途上国向けのアプリを作ろうと思っている人には最高の端末だと思います。

「FLEAZ F5」のスペック

 FLEAZ F5
サイズ(横×縦×厚み)72 x 141 x 9.2 mm
ディスプレイ5インチ / QHD IPS 液晶
画面解像度不明
重量約145g
搭載OSAndroid™ 4.4
CPUクアッドコアプロセッサ 1.2GHz
メモリ(RAM)1GB
ストレージ8GB
バッテリー2000mAh
背面カメラ500万画素
フロントカメラ30万画素
その他外部メモリ:microSD カード × 1(SDHC 対応)

関連記事

Android

結局どっちが買い?Xperia Z2とGalaxy S5のスペックを比較してみた

今年の春発売予定となっているSONYのXperia Z2とSamsungのGalaxy S5。どちらもメーカーの存亡をかけたフラッグシップ機ということで高性能がウリとなっています。春は携帯を買い換える人が多いと思うので、この2つのどちらかを購入対象として検討している人は少...

Android

SIMフリー格安スマホの本命「Ascend G6」のスペックと価格

今スマホメーカーで一番勢いがあると言っていい中国のファーウェイが、本格的なSIMフリースマホ「Ascend G6」を6月末から日本に投入してくることが明らかになりました。 OSが最新のAndroid4.3でメモリが1GBと高スペックながら29800円(税別)と驚異的...