SIMフリー格安スマホの本命「Ascend G6」のスペックと価格

Ascend-G6

今スマホメーカーで一番勢いがあると言っていい中国のファーウェイが、本格的なSIMフリースマホ「Ascend G6」を6月末から日本に投入してくることが明らかになりました。

OSが最新のAndroid4.3でメモリが1GBと高スペックながら29800円(税別)と驚異的なコスパの良さ。しかもLTE対応と、安かろう悪かろうだった日本のSIMフリー端末を駆逐しかねない端末です。

詳細なスペックは以下のとおり。IIJ(ビックカメラグループで販売)、エディオン、ダイワボウ情報システム、ノジマ、U-NEXTで取り扱いを予定しているとのことですので、格安SIMを使って携帯代金を節約しようと思っていた方は、この端末を選択肢にいれてみてはどうでしょう?

Ascend G6 スペック

スポンサードリンク
 Ascend G6
希望小売価格2万9800円(税別)
サイズ(横×縦×厚み)約65.3×131.2×7.85mm
ディスプレイ約4.5インチ
画面解像度960×540
重量約115g
搭載OSAndroid 4.3
防水/防塵×
テザリング
CPUQualcomm® MSM8926™
(1.2GHzクアッドコア)
メモリ(RAM)1GB
ストレージ8GB
バッテリー2000mAh
連続待受時間約370時間
バ連続通話時間約720分
背面カメラ800万画素(開口部 F2.0 / AF)
フロントカメラ500万画素(開口部 F2.4)
その他Bluetooth通信: V4.0(V3.0互換)
Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数: 8台
NFC対応

おすすめの格安SIM

Ascend G6を運用する時におすすめの格安SIMについて以下の記事を書きました。もしよかったらご参考ください!

格安SIMカードは「OCN モバイル ONE」以外契約する理由がない。もはや比較の必要もなし。超おすすめ! – 年収300万ライフ

関連記事