特定のガジェットがいつ発売されたかわかる検索機能をGoogleがひっそりと実装していた

Google

ガジェットの発売日を検索できる機能をGoogleが実装していたことが明らかになりました。

「○○ 発売日」で検索する

発売日を知るための検索方法はいたって単純。「○○ 発売日」というワードで検索すれば、Google先生が発売日を教えてくれます。

例えば最近発売された「iPad Air 発売日」で検索すると、以下のように発売日が表示されます。

iPad Air発売日の検索結果

間違っていた場合は、右下にある「問題を報告/詳細」というボタンを押すと報告できるようなので、まだGoogle側も試行錯誤しながらやっている段階なのでしょうか。よく考えたら同じガジェットでも国によって発売日は違うわけなので、国ごとに違う発売日を表示させることを検討しているのかもしれません。

いくつか調べてみたんですが、Xperia Zとか、Galaxy S3とか、スマホはだいたい表示されるのですが、Vaio zとかノートPCにまで踏み込んでいくと表示されないことが多いです。でもMacBook AirやMacBook Proとか、Apple製品は1つ残らず表示されるので、より多く検索されるものを優先して実装しているってことなんでしょうかね…

なにはともあれ、目の前にあるものを買おうとした時、それがいつ頃販売されたものなのかがわかる機能は買い物をするときに役に立ちそうです。特にApple製品は買おうとしたものが1年前のものだったら近々新製品が出る可能性があるので「ちょっと待とう」となるかもしれませんし。

こういう「地味だけど役立つ機能」を実装してくれるGoogle、好きです。

関連記事

Google活用術

Google Adsenseの新広告ユニット「モバイル アンカー広告」はメディア運営者もユーザーも得をする

まだまだ発展途上のモバイル広告。大きさはどれくらいが良いか、どこに掲載すればタップ率が上がるか…日々試行錯誤が繰り返されています。 今のところ掲載側の立場で最も支持されているのが追尾型の広告。そうです、あの一番下に常に出てくるうざったい広告のことです。誤タップによって収益が...

Google活用術

1分で設定可能!Chromeから直接Google英語版で検索できるようにする方法

調べ物をする時、「Google英語版で検索したい…」と思ったことはありませんか?そして、「いちいち言語変更するの面倒くさい…」「ブックマークいちいち開いて英語版にアクセスするのだるい…」と思ったことはないでしょうか。 そんなあなたのために、Google Chromeユーザー...

Google Analytics

自作自演回避!Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

Google Analyticsでアクセス解析をしていると必ず出てくるのが「自分のアクセスをカウントしたくない」という要望。ソーシャルメディアでどれだけ拡散されているのかチェックしたり、更新した後に表示崩れがないか確認したりする時のアクセスもカウントされてしまうと、無駄に...